CTime-SDGs部 活動 SDGs SDGs企業団体の取り組み事例

ジャパンSDGsアワードとは?

投稿日:2019-09-20 更新日:

©外務省

 

政府主催のジャパンSDGsアワードって?

 

SDGsを推進する為に行われる取り組み

SDGsは17のゴール、169のターゲットをもって、世界中で企業、個人がそれぞれの立場でそれぞれの経済活動の中、生活の中で出来る事を実施し地球規模で環境改善及び、維持をしようという試みです。

政府もこうした動きを支援するため様々な試みを行っていますが、ジャパンSDGsアワードはその中でもSDGsに賛同し率先して達成に向けて努力し行動している企業、取り組みを行う団体(NPO/NGO/地方自治体/学術機関/各種団体)全てを対象として日本を拠点にしているものに絞って評価するものです。

こうした取り組みは日本国内のあらゆる団体のSDGsへの興味と実行を後押しするだけでなく、本当に努力し結果を出し貢献しているものを評する目的で実施されています。

 

第一回、第二回が開催済

第1回ジャパンSDGsアワードの結果

内閣総理大臣賞:北海道下川町

内閣官房長官賞:特定非営利法人しんせい
パルシステム生活協同組合連合会 / 金沢工業大学

外務大臣賞:サラヤ株式会社 / 住友化学株式会社

SDGsパートナーシップ賞:吉本興業株式会社
株式会社伊藤園 / 江東区八名川小学校 / 国立大学法人岡山大学
公益財団法人ジョイセフ / 福岡県北九州市

第一回ジャパンSDGsアワードは初めての開催ということで、多くの人々、企業の注目を集めました。ジャパンSDGsアワードに入賞している企業の活動内容には目を見張るものが多くあり、是非参照して頂きたい企業、団体ばかりです。

第一回授賞式での総理大臣の祝辞コメントが出されています。

本日は、第1回「ジャパンSDGsアワード」の受賞、誠におめでとうございます。受賞された皆様は、SDGsの推進を通じて、「豊かで活力ある未来像」を創っていくトップランナーです。
社会的責任を超えた本業として、SDGsに取り組む企業。
魅力ある地域社会を、SDGsによって実現する自治体。
国内外でSDGsの機運をつくる協同組合や市民社会。
SDGsの担い手を育てる大学や小学校。
受賞された皆様をはじめ、今回応募くださった280を超える企業・団体は、いずれも素晴らしい取組ばかりでした。政府のみならず、様々な主体が、知恵と行動を寄せ合う。このパートナーシップこそが、本アワードの、そして、SDGs推進の真髄だと考えます。先日訪日したグテーレス国連事務総長からは、日本がSDGsを主導していくことへの大きな期待が寄せられました。政府と、皆様をはじめとする企業、地方自治体、市民社会、そして教育界が力を合わせれば、その期待に応えていけるものと確信しています。本アワードを契機として、SDGsの達成に向けて、社会の至るところで、行動の大きなうねりが起こることを期待し、私のお祝いの言葉とさせていただきます。
本日は誠におめでとうございます。

 

 

日本全体のパートナシップ

総理大臣もコメントしているように、SDGsをこれまで以上に普及し大きな動きとする為には、こうした賞を競う事も大きな意義があるものでしょう。少なくとも関心を持ち自分達も何か出来ないだろうかという意識が芽生える事、既に多くの技術と実力を持っているにも関わらず、SDGsに興味が無く何の行動も起こしていない企業、団体が動けば、新たな力となり更なるSDGsの普及、力になっていくはずです。

第2回ジャパンSDGsアワードの結果

内閣総理大臣賞:株式会社日本フードエコロジーセンター

内閣官房長官賞:日本生活協同組合連合会 / 鹿児島県大崎町
一般社団法人ラ・バルカグループ

外務大臣賞:株式会社LIXIL
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
会宝産業株式会社

特別賞:株式会社虎屋本舗 / 株式会社大川印刷
SUNSHOW GROUP / 株式会社滋賀銀行
山陽女子中学校・高等学校地歴部
株式会社ヤクルト本社 / 産科婦人科舘出張 佐藤病院
株式会社フジテレビジョン

現在第2回まで開催されており第3回も公募・審査開催。
第2回の受賞は更に1回目より応募が進み、多くのSDGsへの賛同が得られています。非常に素晴らしい企業・団体が見られ徐々に関心が高まっている事が伺えます。第2回授賞式でも総理大臣がコメントを発表しました。

受賞された皆様は、SDGsの推進を通じ、豊かで活力ある未来像を創っていくトップランナーです。
捨てられてしまう食品を活用した液体飼料の製造により、「循環型社会」の構築に貢献する中小企業。高い資源リサイクル率で国内外のモデルとなって頑張る地方自治体。
地域の海洋ゴミ問題に果敢に挑む女子中高生。
数百年にわたる持続的経営で地域の伝統文化を発展させる長寿企業。
そして、SDGs推進の機運を後押しするメディア、医療機関や地域金融機関。
ここで全てを御紹介することはできませんが、受賞された皆様を始め、今回応募された団体やその取組が、昨年よりも一層多様化・拡大していることを嬉しく思います。本アワードを契機として、受賞団体同士をはじめ、多様なアクターがパートナーシップを組んで、知恵と行動を寄せ合い、SDGsをより一層推進していくことを期待し、私のお祝いの言葉とさせていただきます。
本日は誠におめでとうございます。

 

SDGs取り組み意識は進行している

総理大臣のコメントにも伺えるように当初はSDGsに対して、どのような取り組みが相応しいのか、どういう行動が必要か企業も団体も戸惑いが見えていたものの、適格に自信を持って計画・実行している企業/団体が増えているのがわかります。

こうした取り組みを行う企業/団体が協力体制を構築し、パートナーシップを発揮して日本全体でSDGsに取り組む事が今後の大きな動きに繋がる事を政府も期待しています。

 

企業だけではない参加団体

営利目的の企業だけでなく、受賞には非営利団体、教育に関わる学校、生活に密着している生協等もおり、ユーザーに向けたイメージの為のSDGs取り組みではなく、営利に関係なく自分達で賛同をし計画をして行動し世界を良くしようという試みが見えてきます。

営利目的ではなく未来の子供たちの為に、未来の人々の為により良い地球環境を後世に残す、現状の問題を積極的に改善し、現代に生きる自分達の環境も良くするという意識が今後も広がっていくことを期待したいですね。

 

【PR】SNS、CTimeのSDGsへの取り組み

CTime×SDGs部

CTime×SDGs部

外務省も後援して下さっていた、2019年9月27日サンリオピューロランドで開催『SDGsプラットフォーム第1回全国大会』で
CTimeがSDGsビジネス大賞優秀賞を受賞されました!

山中社長の声かけで、CTime×SDGs部が発足されており活動も活発💗
詳しくは公式サイトをご覧下さい^^

CTime×SDGs部公式サイトはこちら
https://ctimesdgs.com/

※私はSDGsバッジ取得者(クエスト30ポイント達成者)の2番目にいます。
https://bit.ly/2PagiYz

CTime内では認定CTimerというものがあり、運営さんから毎月のプレゼントを受け取られる方も増えて賑やかになっています。
SDGsだけではなく、普通にSNSとしての交流も盛んですので覗いてみてね。

CTimeへのご登録はこちら

CTime登録の仕方(ええじゃないかでCTimeが紹介されました!動画あり)

2018/11/28    ,

こんにちは!るるです。 今回はCTimeの登録の仕方を。。←(お急ぎの方はこちらをポチッ) その前にご報告です! 先日、外務省も後援して下さっていた、 2019年9月27日サンリオピューロランドで開催 ...

SDGsってなに?

SDGs
SDGsって何?【0/17総合編】

2019/08/29    , ,

SDGsって?総合編 SDGsってなんだろう? 最近、耳にする事が多くなって来たSDGsですが、まだ聞いたことが無い人もいるかもしれません。ちょっと難しい事のように聞こえるかもしれませんが、実は非常に ...

エスポでポイントためてお買い物♪

-CTime-SDGs部 活動, SDGs, SDGs企業団体の取り組み事例
-

Copyright© 出逢いはCTimeアフィリエイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.